1. ホーム
  2. 学会について
  3. 沿革

沿革

小児泌尿器科学の対象は、こどもの泌尿生殖器の疾患です。
疾患の大部分は生まれつきのものであり、その殆どは手術療法を必要とします。病態生理も一般成人や中高齢者と異なり、検査法も特殊であり、しかも症例数も多いため、一般泌尿器科、一般外科あるいは小児外科の片手間にできるものではありません。したがって、小児泌尿器科学は、特別の知識、施設、材料および手術手技を必要とする専門的学問です。

欧米において小児泌尿器科学が学問の体系を迎えはじめたのは、まだ比較的新しく1950年代以降です。
わが国では1960年代に入って、一般泌尿器科および一般小児外科の両者から、この領域に興味をもった人々が増えはじめました。当時から指導者の立場をとっていた駿河敬次郎先生(順天堂大学小児外科教授)、大田黒和生先生(国立小児病院泌尿器科部長)、および生駒文彦先生(大阪大学泌尿器科助教授)の三名が世話人となり、1972年に、日本泌尿器科学会総会のときの小児泌尿器科研究会と、日本小児外科学会総会のときの小児泌尿器科勉強会が設立され、小児泌尿器科学について年毎にますます活発に研究され、討論されるようになりました。

また、1986年には上記三名の他に川村猛先生(都立清瀬小児病院泌尿器科部長)、柿沢至恕先生(国立小児病院泌尿器科部長)、および寺島和光先生(神奈川こども医療センター泌尿器科部長)が参画して逆流性腎症研究会が発足しました。

1992年になり、小児泌尿器科研究会、小児泌尿器科勉強会を母体として、小児科、麻酔科、産婦人科、放射線科、内分泌科など広範な領域の小児専門医の他に、看護婦、技師なども参加して第1回日本小児泌尿器科学会総会(会長大田黒和生先生 名古屋市大 泌尿器科教授)が開催され、以後年に1回の総会毎にすばらしい進歩がみられる様になりました。

歴代理事長

八代

林 祐太郎

(2021.7-)

七代

金子 一成

(2019.7-2021.7)

六代

宮北 英司

(2017.7-2019.7)

五代

中井 秀郎

(2015.7-2017.7)

四代

窪田 正幸

(2013.7-2015.7)

三代

島田 憲次

(2011.7-2013.7)

二代

野々村克也

(2009.7-2011.7)

初代

島  博基

(2007.7-2009.7)

過去の学術集会
開催回 会長 (所属) 開催年月日 開催地

【開催回】第31回

【会長】(所属) 山髙 篤行
(順天堂大学医学部 小児外科学講座)

【開催年月日】2022年7月20日~ 7月22日

【開催地】東京都
千代田区

【開催回】第30回

【会長】(所属) 金子 一成
(関西医科大学 小児科学講座 教授)

【開催年月日】2021年7月 2日~ 7月 4日

【開催地】大阪市
ハイブリッド

【開催回】第29回

【会長】(所属) 宋  成浩
(獨協医科大学埼玉医療センター 泌尿器科・小児泌尿器科 教授)

【開催年月日】2021年1月31日・ 2月 1日

【開催地】東京都
千代田区
WEB

【開催回】第28回

【会長】(所属) 野口  満
(佐賀大学医学部 泌尿器科学講座 教授)

【開催年月日】2019年7月 3日〜 7月 5日

【開催地】佐賀市

【開催回】第27回

【会長】(所属) 河野 美幸
(金沢医科大学 小児外科 教授)

【開催年月日】2018年6月26日〜 6月28日

【開催地】金沢市

【開催回】第26回

【会長】(所属) 林 祐太郎
(名古屋市立大学大学院医学研究科 小児泌尿器科学分野 教授)

【開催年月日】2017年7月 5日〜 7月 7日

【開催地】名古屋市

【開催回】第25回

【会長】(所属) 河内 明宏
(滋賀医科大学 泌尿器科学講座 教授)

【開催年月日】2016年6月28日〜 6月30日

【開催地】京都市

【開催回】第24回

【会長】(所属) 白髪 宏司
(社会福祉法人恩賜財団済生会支部 埼玉県済生会栗橋病院 副院長・小児科部長)

【開催年月日】2015年7月 1日〜 7月 3日

【開催地】東京都
千代田区

【開催回】第23回

【会長】(所属) 宮北 英司
(東海大学医学部付属大磯病院 泌尿器科/東海大学医学部外科学系泌尿器科学教授)

【開催年月日】2014年7月 9日〜 7月11日

【開催地】横浜市

【開催回】第22回

【会長】(所属) 中井 秀郎
(自治医科大学とちぎ子ども医療センター 小児泌尿器科 教授)

【開催年月日】2013年7月10日〜 7月12日

【開催地】東京都
江東区

【開催回】第21回

【会長】(所属) 後藤 隆文
(国立病院機構 岡山医療センター 小児外科部長)

【開催年月日】2012年7月 4日〜 7月 6日

【開催地】岡山市

【開催回】第20回

【会長】(所属) 近田龍一郎
(秋田県厚生連 山本組合総合病院 院長)

【開催年月日】2011年7月13日〜 7月15日

【開催地】秋田市

【開催回】第19回

【会長】(所属) 野々村克也
(北海道大学 腎泌尿器外科学分野 教授)

【開催年月日】2010年6月30日〜 7月 2日

【開催地】札幌市

【開催回】第18回

【会長】(所属) 谷澤 隆邦
(兵庫医科大学 小児科 主任教授)

【開催年月日】2009年9月30日〜10月 2日

【開催地】淡路市

【開催回】第17回

【会長】(所属) 大塩 猛人
(香川小児病院 外科部長)

【開催年月日】2008年7月16日〜 7月18日

【開催地】高松市

【開催回】第16回

【会長】(所属) 島  博基
(兵庫医科大学 泌尿器科 教授)

【開催年月日】2007年7月13日〜 7月15日

【開催地】神戸市

【開催回】第15回

【会長】(所属) 窪田 正幸
(新潟大学大学院 小児外科 教授)

【開催年月日】2006年7月20日〜 7月22日

【開催地】新潟市

【開催回】第14回

【会長】(所属) 大島 一寛
(福岡大学 泌尿器科 教授)

【開催年月日】2005年7月 7日〜 7月 9日

【開催地】福岡市

【開催回】第13回

【会長】(所属) 島田 憲次
(大阪府立母子保健総合医療センター 泌尿器科部長)

【開催年月日】2004年7月 8日〜 7月10日

【開催地】豊中市

【開催回】第12回

【会長】(所属) 谷風 三郎
(兵庫県立こども病院 副院長)

【開催年月日】2003年7月 2日〜 7月 4日

【開催地】神戸市

【開催回】第11回

【会長】(所属) 青山 興司
(川崎医科大学 小児外科 教授)

【開催年月日】2002年7月10日〜 7月12日

【開催地】倉敷市

【開催回】第10回

【会長】(所属) 伊藤 克巳
(東京女子医科大学 腎臓小児科 教授)

【開催年月日】2001年7月12日・ 7月13日

【開催地】東京都
新宿区

【開催回】第09回

【会長】(所属) 折笠 精一
(東北大学 泌尿器科 教授)

【開催年月日】2000年7月14日・ 7月15日

【開催地】仙台市

【開催回】第08回

【会長】(所属) 名出 頼男
(藤田保健衛生大学 泌尿器科 教授)

【開催年月日】1999年7月22日・ 7月23日

【開催地】名古屋市

【開催回】第07回

【会長】(所属) 小柳 知彦
(北海道大学 泌尿器科 教授)

【開催年月日】1998年7月 3日・ 7月 4日

【開催地】札幌市

【開催回】第06回

【会長】(所属) 梶本 照穂
(金沢医科大学 小児外科 教授)

【開催年月日】1997年7月10日・ 7月11日

【開催地】金沢市

【開催回】第05回

【会長】(所属) 寺島 和光
(神奈川県立こども医療センター 泌尿器科部長)

【開催年月日】1996年7月18日・ 7月19日

【開催地】横浜市

【開催回】第04回

【会長】(所属) 川村  猛
(都立清瀬小児病院 院長)

【開催年月日】1995年7月 6日・ 7月 7日

【開催地】東京都
千代田区

【開催回】第03回

【会長】(所属) 宮野  武
(順天堂大学 小児外科 教授)

【開催年月日】1994年7月22日・ 7月23日

【開催地】千葉市

【開催回】第02回

【会長】(所属) 生駒 文彦
(兵庫医科大学 泌尿器科 教授)

【開催年月日】1993年7月 8日・ 7月 9日

【開催地】神戸市

【開催回】第01回

【会長】(所属) 大田黒和生
(名古屋市立大学 泌尿器科 教授)

【開催年月日】1992年7月 9日・ 7月10日

【開催地】名古屋市

日本小児泌尿器科学会についてAbout us
  1. ホーム
  2. 学会について
  3. 沿革
会員専用ページログイン
各種手続き
メールアドレスご登録のお願い